新製品のご案内

現在、カテゴリー「 新製品のご案内」の記事一覧を表示しています。

酒屋の甘酒を新発売いたしました
2018.03.07

酒屋の甘酒を新発売いたしました

今年のひな祭りに合わせて、純米大吟醸美田美酒の酒粕を使用した 酒蔵の甘酒を資料館限定で販売開始しました。 数量限定品ですので、資料館の売店専用にさせていただきした。 ピンクのボトルでかわいい甘酒です

澤正宗の酒粕(板粕)発売中です
2018.02.03

澤正宗の酒粕(板粕)発売中です

澤正宗の酒粕、 甘酒、鍋料理、みそ汁、に使用します。 1kgの袋詰めです。 焼いてもおいしいいですよ。

二期連続 最高一位 を受賞させていただきました。
2014.11.14

二期連続 最高一位 を受賞させていただきました。

2014年全国酒類コンクール、本格焼酎・米焼酎部門にて「雪原・極上米焼酎」が春季に引き続き最高一位を受賞いたしました。 また今回秋期は、そば焼酎部門にて「雪原・そば」も最高一位を受賞いたしました。 大変高い評価を頂き、皆 […]

今冬最初の槽掛けを行い新酒ができました
2012.12.16

今冬最初の槽掛けを行い新酒ができました

槽前は新酒の香りで一杯です、おいしいお酒の出来上がりです。 さっそく最初の一杯を神棚に上げおまいりし、次いでご先祖様方にご報告。 そののち一口、口に含みじっくり香りと味を見極めます。おいしい。今年もいい酒ができました。 […]

柿のリキュール「柿酒」を発売開始いました
2012.12.07

柿のリキュール「柿酒」を発売開始いました

昨年仕込んだ柿のリキュールおもしろ倶楽部柿酒の発売を開始しました。今年の柿酒の出来もいい味です。 この原料の平たねなし柿は当社の敷地内で栽培されている柿です。 毎年沢山の柿の実をつけます。今年度も1000kg以上の柿の実 […]

山形の特産物に育てよう、「紅花わさび漬け」本日より新発売
2012.06.15

山形の特産物に育てよう、「紅花わさび漬け」本日より新発売

昨年山形県食産クラスターの認定を受けて開発しました、わさび漬けです。山形のはえぬきで作った酒粕をベースに山辺の湧水の清水で育てえた真妻(わさび)と最上紅花とのコラボレーションで作り出しました。 本格わさび漬けです。保存剤 […]

そばの作付けの準備が始まり、今年のそば焼酎の熟成をチェック
2011.08.15

そばの作付けの準備が始まり、今年のそば焼酎の熟成をチェック

今年3月に蒸留しましたそば焼酎の熟成ぐあいを見るために、1本封を切りました。 王冠を開けた時、そばの香りがフーんとただよいました、おそばの香り、白い陶器の器に注ぎ、まず色合いを見て、香りをかぎ、口に含んで、含み香と味、ア […]

澤正宗の酒粕(ねり粕)が発売になりました。
2011.08.03

澤正宗の酒粕(ねり粕)が発売になりました。

昨年のNHKためしてガッテンで酒粕の有効成分が報道されてから、とくに酒粕への問い合わせが多くなりました。NHKではしぼったばかりのさけ粕(板粕)の紹介でしたが、今回のは、その板粕を再醗酵させ漬物用に使いやすくしたものです […]

本日から古澤酒造の山葵漬けを発売いたしました。
2011.04.16

本日から古澤酒造の山葵漬けを発売いたしました。

古澤酒造の純米酒の酒粕と山形産山葵を使い山葵漬けを作りました。まったくの手造りで個数限定です。 販売箇所は現在は当社の酒造資料館の売店だけですが、好評の時には他の売り場にも広げて行きたいと思っています。  1個550円 […]

新製品 澤正宗 純米大吟醸300mlを発売しました。
2010.10.28

新製品 澤正宗 純米大吟醸300mlを発売しました。

純米大吟醸を20~30代の女性に、お家で飲んで頂きたくて、300mlに瓶詰めしかわいらしいラベルとしました。 純米大吟醸ですのでフルーテイな香りと味わい、味はふくらみがあり少し甘めです。 価格は純米大吟醸酒としてはお手ご […]

今年の秋上がり大吟醸が発売されました
2010.09.11

今年の秋上がり大吟醸が発売されました

この冬に仕込み暑い夏を蔵の中で貯蔵され、熟成し飲み頃になった大吟醸酒です。 この大吟醸酒は当社の看板大吟醸酒「紅花屋重兵衛」と同様に仕込み、切れの良い辛口の吟醸酒です。ひと夏を越しますと熟成され円熟味が出て、味もマイルド […]

当社の300mlペットボトル入り日本酒が新聞で紹介されました。
2010.04.13

当社の300mlペットボトル入り日本酒が新聞で紹介されました。

これからの春、お花見や、スポーツ観戦のとき夜は結構冷える場合があります、そんなときにはペットボトル入りの清酒ぴったりです。 軽くて、割れなくて、飲み残しの場合には栓をしてまた持ち帰る、事も別の場所で呑むことも出来ます。 […]

Page Top