例年のことですが、寒河江八幡宮例大祭の主役「京参乗」(小学生の低学年の男子)はじめ

流鏑馬神示を行う人、宮司はじめ神職、氏子青年神輿会の方々が、下帯一枚で神社の周囲をめぐり、みずごりを行い、禊を行います。

1週間続け、初日の朝五時からはじまり徐々に早くなり15日の朝は4時のスタートです

多くの人が参加しています、今年も立派な町巡りと流鏑馬が出来ることと思います。

 

寒河江八幡宮の正面には大のぼもり旗たてられました